きれになりたいなら、努力しないと。なりたい自分と現実の自分をどこまで近づけていけるか。

月桃のスゴイ効能!~琉白(るはく)で肌のハリ、弾力アップを実感

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

今、沖縄生まれのオーガニック化粧品「琉白(るはく)」のトライアルセットを使っています。使い始めたばかりなのに、明らかに肌のハリと弾力が違います。

月桃の肌への効能

このコスメの主成分は、月桃(ゲットウ)という日本のハーブ。琉白(るはく)では、沖縄で有機栽培された月桃が使われています。月桃は、ネオナチュラルのヒーリングローションにも使われていて、以前から気になっていた成分。そこで、月桃のお肌への効能について調べてみることにしました。

月桃には、赤ワインの約30倍のポリフェノールが含まれていて、強力な抗酸化作用があり、コラーゲンの生成促進作用があると知りました。月桃には、肌のアンチエイジングにうれしい効能がたくさんありました!実際に肌で感じたハリ、弾力は気のせいではなかったわけです。

月桃の抗酸化作用はものすごい!大学でも研究されているほど。

月桃の葉には、抗酸化力の強いポリフェノールが多く含まれています。その量は、赤ワインの約30倍というから、驚き。月桃に含まれる抗酸化作用については、琉球大学で研究がすすめられています。また琉球大学の多和田真吉教授は、月桃葉の優れた抗酸化作用についての論文を学会で発表しています。

酸化イコール老化。つまり「抗酸化とは、老化を防ぐ!」ということ

皮膚科医の吉木伸子先生は、著書の中で「老化=酸化」とおっしゃっています。体内の抗酸化力は、加齢とともに低下していきます。「抗酸化化粧品は、シミ、シワ、毛穴の開きなど、老化にまつわるさまざまな肌悩みを予防するのに役立つ強い味方」だとおっしゃっています。月桃には強い抗酸化作用があるので、肌老化に効果があるといえます。

月桃は、肌のコラーゲンが減るのを防いで、肌を育ててくれる!

コラーゲンは、体内で生成と分解が行われています。若いうちは、コラーゲンの生成と分解のバランスが取れています。しかし加齢により、コラーゲンの生成のスピードが遅くなり、分解のスピードは速くなります。つまり生成されたコラーゲンより、分解されるコラーゲンが多くなって、肌のコラーゲンはどんどん失われていきます…。コラーゲンが減少していくと、肌のハリが失われ、シワやたるみにつながります。

月桃に含まれる「カワイン」という成分には、コラーゲン分解酵素である「コラゲナーゼ」の働きを阻害する効能があります。月桃は、コラーゲンの分解されるスピードを弱めて、肌のコラーゲンを保つ効果があります。

月桃は、肌のヒアルロン酸、エラスチンにも効果!

月桃には、コラーゲンの分解を阻止するだけでなく、エラスチンやヒアルロン酸の分解酵素の働きを阻害する効能もあります。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、ベットのマットレスで例えると次の通りです。

  • コラーゲン:スプリング
  • エラスチン: スプリングをつなぎとめる部分
  • ヒアルロン酸: スプリングの間を埋めるスポンジ

結論:月桃は肌のアンチエイジングに効果的

月桃には、強力な抗酸化作用と、加齢による肌のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の減少を遅らせる効能があり、月桃は肌のアンチエイジングに効果的だとわかりました。月桃は、琉白(るはく)の全商品に含まれています。これからの更なる肌の変化が楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket