毎日の生活の中に、また、毎日の生活のその中でもっとも自然に愉しさを見出すことができたら、どんな幸せなことだろう。

オラクルのエタノール(アルコール)について調べてみました《オラクルの口コミ No.11》

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

化粧品を選ぶときには、必ず全成分をチェックするようにしています。そして意外だったのが、オラクルの化粧品には、必ずといっていいほどエタノール(アルコール)が使われているということ。気になったので、詳しく調べてみました。

オラクル 全成分表示の写真

» オラクル 1週間お試し トライアルセット

オラクルには、エタノール(アルコール)が入っている

トライアルセットに入っている、化粧水、美容液、パック、目元美容液、ナイトクリームの全成分は下記のとおりです。これらすべての商品にエタノール(アルコール)が入っています。

オラクル《化粧水》クラリファイング・トナーの全成分

水、ダマスクバラ花水、エタノール、グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、BG、ブクリョウエキス、ツボクサエキス、オトギリソウエキス、ハマメリス水、ヒマワリエキス、ビワ葉エキス、シラカバエキス、マグノリアオフィシナリス樹皮エキス、トウキンセンカエキス、ゼニアオイエキス、ワイルドタイムエキス、ヒアルロン酸Na、水酸化レシチン、香料

オラクル《美容液》パワー・モイスチャーの全成分

水、ダマスクバラ花水、エタノール、ホホバ種子油、グリセリン、ミツロウ、ヒマワリ種子油、シア脂、スクワラン、カカオ脂、ハマメリス水、シラカバエキス、マグノリアオフィシナリス樹皮エキス、カラギーナン、ヒマワリエキス、ビワ葉エキス、トウヒエキス、トウキンセンカエキス、ワイルドタイムエキス、キサンタンガム、トコフェロール、水添レシチン、リゾレシチン、香料

オラクル《パック》クリア・ブライトの全成分

水、グリセリン、カオリン、エタノール、ホホバ種子油、スクワラン、ククイナッツ油、モンモリロナイト、キサンタンガム、イチジクエキス、オトギリソウエキス、クワ葉エキス、オタネニンジンエキス、クマザサエキス、トウヒエキス、ヒマワリエキス、ヤチヤナギエキス、トウキンセンカエキス、トコフェロール、水添レシチン、リゾレシチン、酸化チタン、水酸化Al、香料

オラクル《目元用美容液》 アイ・フォーミュラの全成分

水、パーシック油、エタノール、ダマスクバラ花水、ヒマワリ種子油、ミツロウ、シア脂、メドウフォーム油、ホホバ種子油、スクワラン、グリセリン、クロフサスグリ種子油、ローズヒップ油、アイブライトエキス、ヒドラスチスカナデンシスエキス(ゴールデンシール)、ヒマワリエキス、ニンジン根エキス、ゼニアオイエキス、トウキンセンカエキス、カラギーナン、キサンタンガム、トコフェロール、水添レシチン、リゾレシチン、香料

オラクル《ナイトクリーム》クリーム・ルネサンスの全成分

水、ダマスクバラ花水、マカデミアナッツ油、ホホバ種子油、スクワラン、エタノール、ミツロウ、ククイナッツ油、シア脂、カカオ脂、グリセリン、ローズヒップ油、ヤチヤナギエキス、オタネニンジンエキス、スギナエキス、ワイルドタイムエキス、クマザサエキス、トウヒエキス、オトギリソウエキス、ヒマワリエキス、キサンタンガム、トコフェロール、水添レシチン、リゾレシチン、香料

化粧品にアルコールが使われる目的、用途

化粧品にエタノール(アルコール)が使われる目的を調べてみました。エタノール(アルコール)には、下記の働きがあります。

  1. 乳化作用
  2. 殺菌作用
  3. 防腐作用
  4. 清涼作用(皮脂を取ってさっぱりさせる作用)
  5. 肌の引き締め作用
  6. 成分の溶解を助ける作用

オラクルがエタノール(アルコール)を使うのは、植物エキスを抽出するため

オラクルは、植物エキスを抽出するときに、エタノールを使っているそうです。上記の「6.成分の溶解を助ける作用」にあてはまります。植物をエタノール(アルコール)に浸けて、30日~90日熟成させるといいます。

たとえていうなら、ホワイトリカーに青梅をつけて梅のエキスを抽出して、梅酒をつくるみたいな感じですね。

またオラクルは、植物エキスの抽出されたエタノール(アルコール)は、加熱処理しているそうです。加熱することで、アルコール分はほぼ蒸発していると思います。

石油系などの化学的な溶媒を使って植物エキスを抽出するメーカーもあるそうです。オラクルは、植物エキスの抽出にエタノール(アルコール)を使っているので、肌に優しいといえると思います。

エタノール(アルコール)は肌に悪い?

オラクルの化粧水を使っていて、アルコールのスーッとした感じは全くありません。また肌に刺激を感じたこともありません。

フレグランスジャーナル社の化粧品成分ガイドに、アルコールの安全性について下記のようにはっきりと記述されています。

アルコールは配合量によりその主な働きや安全性の度合いが違います。また、一緒に配合されている他の成分の影響も受けますので、一概にアルコールが入っているものをすべて刺激が強いなどと思うのは誤解です。

オラクルのエタノール(アルコール)は植物性

ひと口にエタノール(アルコール)といっても、化学的に合成されたものや、穀類などのでんぷんを発酵させてつくられたものがあります。

オラクルのエタノール(アルコール)は、小麦やトウモロコシを発酵させてできた、植物性のアルコールを使っているそうです。

オラクルのエタノール(アルコール)についてわかったこと

今回オラクルに使われているエタノール(アルコール)について調べてみてわかったことは、次の4つです。

  1. オラクルは、植物エキスを抽出するためにエタノール(アルコール)を使っている
  2. 植物エキスの抽出に石油系などの化学成分の溶媒をつかっていない
  3. オラクルのエタノール(アルコール)は、小麦やトウモロコシからつくられた植物性
  4. エタノール(アルコール)は加熱処理されているので、肌への刺激等の影響はほとんどないと思われる

今回エタノールについて調べてみて、オラクルが丁寧に、誠実に作られたコスメだと改めて実感しました☆.。.:*・°

» オラクル 1週間お試し トライアルセット

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket