何より、肌が発する「気持ちいい」に耳を傾けることこそ、美しさへの正しい道なのです。

おとな と えほん

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

先日、朝日新聞の折込で「えほん」の特集をしていました。 私の中でも最近「えほん」がブームなので、興味深く拝見しました。
戦後に生まれた多様な作品は、 「絵本は、子どものための単純なもの」という固定観念を打ち破っていった。 いまや読者は大人にまで広がっている。 シンプルな物語からはさまざまな「行間」を読み取ることができ、 時に大人も心揺さぶられるのだ。 出典:朝日新聞グローブ 通巻67号

絵本の行間を読むことで、絵本には様々な解釈が存在するわけで、

「大人は知らず知らずに自らの知識や経験、価値観で『行間』を補って読んでいる」 と岡田(happytack注:「絵本のソムリエ」岡田達信さん)。 大人にとって絵本は自分を映す鏡になることもあるのだ。 (中略)自分なりの読み方ができる絵本の奥深さも、 大人をひきつけているのだろう。 出典:朝日新聞グローブ 通巻67号

と、締めくくっています。 絵本は「ことば+絵」という手段により、様々なメッセージを同時に発信できて、 様々な解釈を受け入れるふところの広さもある、 すごいメディアなんだなぁと感じました。絵本のもつ力にすごく可能性を感じました。

朝日新聞の見出しも、とってもよかったのでこれも引用します。
  • えほんは、ひとときの やすらぎを もたらす
  • えほんは、こどもの きもちを ゆたかにする
  • えほんは、おとなの こころも うつす
  • えほんは、こころが あたたまる
出典:朝日新聞グローブ 通巻67号

「絵本のソムリエ」岡田達信さんの関連サイト・著書

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket