彼ら(夏目漱石と芥川龍之介)は、世の常識にとらわれず、ほんとうに美しいもの、真実というものに向き合った人たちだったと私は思いますね。

【美】