大人になるということは、どんどん柔軟になって応用範囲が広がること。芯をしっかりもちながらも、その場、その場に合った自分を表現していけると素敵ですね。

冬は”目の季節”。目の疲れは、骨盤にまで影響する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

少し前から左目に軽い鈍い痛みがあって、目が疲れているなぁと感じていました。 調べてみたら、整体の観点から見ると、冬は”目の季節”といわれていて、 目に負担がかかる季節なのだそうです。 20111201_winter tree

乾燥した冬の影響を真っ先に受けるのが、皮膚。 中でも皮膚が最も薄い眼球は、乾燥しがちに・・・。 目と頭は同じ神経系統で、目の疲れは、頭の疲れにつながるそうです。 頭はあらゆる神経の親分的な存在で、結局目の疲れは背骨を通じて骨盤にまで影響を与えることになります。

20111201_fireplace

目の疲れを休ませてあげる方法としては、次のようなものがあります。

  • 目にホットタオルを当ててあげる(約8分間くらい)
  • 目を閉じて、腕頭骨(手のつけねの部分)で眼球を優しく押さえる(1分間を3回)
  • しゅう眉筋を含む額のエリア(神経BOX)を優しく解きほぐす
  • 目の疲れに効くツボを押す
今日から12月。やっぱり一年のうちでいちばん忙しくて、神経を使う月だと思います。 目のケアを心がけて気持ちよく乗り切りたいものです。 今日も最後まで読んで頂きまして、どうもありがとうございます

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket