幸せになりたかったら、自分の身のまわりの幸せを、自分で感じるような人になることが、一番大切だということを知ってください。

卵巣年齢は肌年齢

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

今、皮膚科医の吉木伸子先生の本を何冊か読んでいます。 そこで気になる情報を見つけました。 「卵巣年齢は肌年齢」と言われていて、卵巣で分泌される女性ホルモンが 私たちの肌に大きな影響与えているそうです。 その女性ホルモンのうち、エストロゲンは「若さを保つホルモン」と言われていて、 残念なことに加齢と共に低下してしまうそうです・・・。 でも、それを減らさない方法があるというのです♪ 20110728_間違いだらけのスキンケア

まず、「若さを保つホルモン」エストロゲンには次の働きがあります。

  • 肌の水分量を増やす
  • ハリ・弾力のもとであるコラーゲンを維持する
  • 豊かでつやのある髪を維持する

この大切なエストロゲンを保つために、まず最初に吉木先生が挙げられていたのが、 ズバリ”心身の「健康」”です。
卵巣というのは子供を生むためにある臓器なので、 心身が健康でないと、子供を生み育てることが難しいと体が察知し、 卵巣や女性ホルモンの働きが低下してしまうのです。
出典:吉木伸子「間違いだらけのスキンケア」
そして、エストロゲンと似た働きを持つ、大豆加工食品をとるのも効果的とおっしゃっています。 1日あたりの目安は、次の通りです。
  • 豆腐なら半丁
  • 豆乳なら200ml
  • 納豆なら1パック
私はここ1ヶ月くらい、朝豆乳を飲むのを習慣にしています。 この習慣はずっと続けていこうと思いました♪

”若さ”のホルモン、エストロゲンを 心身共に健康であることと、 大豆食品を毎日摂ることで 維持して、美肌になりましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket