夢を叶える方法をみなさんによく聞かれますが、私の答えは「夢は働いて叶えなさい」ということです。

ノンケミカルの日焼け止め

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

日焼け止め(サンスクリーン・UVカット)を選ぶ際、気になるのは、SPFやPAの数値だと思いますが、 更にもう一歩進んで、紫外線吸収剤が入っていないもの(これをノンケミカルといいます)を基準にするといいと思います。 というのは、紫外線吸収剤は肌に負担になるからです。 紫外線を防ぐ働きをするものには、下記の2つがあります。
  • 紫外線散乱剤
  • 紫外線吸収剤
紫外線散乱剤は、紫外線を乱反射させることで、お肌に紫外線が進入することを防ぎます。UVA・UVB共に防ぐ効果があります。 一方紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する際、肌の上で化学変化をおこします。UVBを防ぐのに有効とされています。透明でお肌の上で白濁しないため、使われている商品も多いのですが、以前は紫外線吸収剤に対する含有量規制もありました(現在はなし)。また紫外線吸収剤は油性なので、日焼け止めに含まれる油分が多くなる傾向があります。 日焼け止めは毎日使うものですし、極力お肌に負担にならないものを使いたいと思います。 ちなみに私の愛用している、江原道のUVケアミルクは、SPR30・PA+++紫外線吸収剤フリーで、しかも肌老化の原因となる「糖化」を防ぐ「抗糖化成分」をプラス、ノンケミカルで安心です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket