「これが私」というものを、きちんともてるようになった年代ならではのまぶしい瞬間に、いつもはっとさせられます。

商品レビュー