自分が本当に必要としている、お気に入りのものたちだけに囲まれていれば、平穏な気持ちで暮らすことができるようになるにちがいありません。

ターボで即効乾かすとツヤ髪に

関西一のカリスマヘアスタイリスト、古荘文彦さんが
ドライヤー選びで唯一重視するのが、なんと速乾性のみ。
つまり、ぬれた髪をなるべくスピーディーにドライヤーで乾かすことが、
髪を傷めずにツヤ髪の秘訣のひとつ。意外でした!

20111221_ドライヤーは速乾性重視

ゆっくり乾かすとキューティクルの締りが悪くなる

ぬれたままの髪は痛みやすいっていうのは、知っていたけれど
ドライヤーの強い風量でブワーと乾かすって、どうも髪に良くない気がしていて、
でも時間かかるのもヤなので、ターボにして、気持ちゆっくりめにドライしてました。ははは。
で、ゆっくり乾かすとどうなるかというと、古荘さんは次のようにおっしゃっています。

ゆっくり乾かすと、キューティクルの締りがわるくなる

そうなんですね!!(目からうろこ)

ドライは強い風量でソッコーで乾かす!

そういえば、美容院のドライヤーって大きいし、風量もハンパないのを思い出しました。
先日のNozのサロンで研修を受けたときも、音も風量もすごかった!!

20111128_noz_blow

ノズでの研修のとき、時には2人がかりでブローしてて、
その時は、めっちゃ急いでいるんですね!とか思っていたのだけど、そうじゃなかったんですね!

カリスマに学ぶツヤ髪になるドライの鉄則

古荘さん式のツヤ髪ドライの秘訣をまとめてみると、

  • 根元から毛先向かって乾かす(キューティクルの方向がそろう)
  • ツヤ髪の水分は、12%がベスト
  • タオルドライをしっかり(ドライの時間短縮、オーバードライ防止)
  • ドライヤーの目安は、ロング&ミディアム:10-15分以内、ショート:5分以内
  • 同じところに5秒以上、風をあてない
  • ドライヤーのワット数は1000W~1500W程度
  • ドライヤーの風力が強いもの(プロペラと風の吹き出し口が大きいもの)

年末って、ほんと忙しくないですか?
ドライはスピーディーなほうが髪にいいしツヤが出ると知って、心置きなくターボで即効で乾かします。
なんか少しだけ心に余裕ができたようで、うれしい。
でっかくて頼りになるドライヤーを探してみようかな。でも、やっぱりイオンがでるものがイイ。
今日も最後まで読んで頂きまして、どうもありがとうございます。