どうすれば幸福になれるかということは、人と生まれた以上は、だれでもが考えないではいられぬ人生の第一義的なものといえよう。

ローズマリー・カスターノさんのサイン会

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

先日、丸善の丸の内本店で開かれた フランスのカリスマ・エステティシャン、ローズマリー・カスターノさんのサイン会に行ってきました。 会場には、お肌の美しい女性たちがたくさんいらっしゃって華やかでした。 ローズマリー・カスターノ 「おうちでできる神の手エステ 幸せ肌が手に入る美の魔法」

ローズマリーさんを昔テレビで拝見したことがあり、 クラランスのエステがとっても気持ち良かったことと、 「幸せ肌が手に入る美の魔法」という本の副題に魅かれました。

ローズマリー・カスターノ 「おうちでできる神の手エステ 幸せ肌が手に入る美の魔法」 サイン本

ローズマリーさんは、温かい笑顔と輝くオーラでキラキラしていました。 両手で包み込むようなふんわりとやさしい握手して頂き、 「お肌がとても美しいですね!」とおっしゃって頂きました。 普通なら謙遜するところですが、ローズマリーさんが著書の中で下記のようにおっしゃっていたので

多くの日本女性が、自分にあまり自信をもっていないように思います。 自分に対する評価が低いと感じるのです。 (中略) あるがままの自分を美しいと感じられるかどうかで、 人生のクオリティが決まると言っても過言ではないと私は思います。 それはつまり、あるがままの自分を愛せるかどうか。 決して他人との比較ではなく、それぞれが「自分らしく」あること。 そんな毎日を重ねることで、初めて人生は輝きを放つのです。 出典:ローズマリー・カスターノ 「おうちでできる神の手エステ 幸せ肌が手に入る美の魔法」 朝日新聞出版

小さな勇気を出して、”Merci, beaucoup!”と笑顔でお返事しました。

クラランス サンプル

↑クラランスさんからサンプルまで頂きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket