お洒落をすることは、女性の最大の楽しみ。新しい服やバッグを買ったときほど心が浮き立つときはありません。

夏肌ケアの落とし穴

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

今日放送のNHK「あさイチ」で、”緊急提言 夏肌ケアの落とし穴”のコーナーに、 皮膚科医の吉木伸子先生が出ていらっしゃいました。 そして、日焼け止めの塗り方・日焼け防止のコツについて、おっしゃっていました。 なんと私が昨日アップした記事ととても関連した内容で、 すごいタイミングに、若干興奮気味でテレビを見ていました。 20110804_cream

まず、アメリカの皮膚科の学術誌によると、約50%以上の女性が日焼け止めをきちんとぬれていないとのこと。 日焼け止めの必要量は、想像しているよりもかなり多くて、目安としては

  • 乳液タイプで500円玉分くらい
  • クリームタイプで真珠2個分
とのこと。結構な量ですよね。

そして、日焼け止めの塗り方にも問題が。 普段通りの方法でお肌に日焼け止めを塗ったモニターの方をコンピューターで見てみると、 塗り残しがあったり、伸ばしすぎることで、全体的にぬれていなかったり・・・。との結果がでました。 塗り方のポイントは、次の通りです。

  • 伸ばすのではなく、お肌に”のせる”というイメージ
  • 細かいところは、指を使って念入りに
  • (適量をぬったあとはかなりテカテカになるので)15分くらいなじませる

20110803_KohGenDo_パウダー

KohGenDo(こうげんどう)のフェイスパウダーは、 超微粒子で保湿成分を配合。 繊細で上品なラメがお肌に華やかなつやをプラス。 合成色素無添加で素肌にも安心。 ファンも多く、フェイスパウダーの名品です。 KohGenDo(こうげんどう)が始めての方には、 【ハイビジョンメイク】お試しセット⇒おすすめです☆

そしてやはり、日焼け止めだけでは十分ではなく日焼け防止には、パウダーが必要とのことでした。 最後にUV対策について、吉木先生は、「念には念を入れて。できることはすべて。」とおっしゃっていました。 そして、ご自身のUV対策スタイルをご披露。 日傘に、手袋、サングラス、マフラー、(帽子もかぶっていらしたかな??)というお姿。 このスタイルは、美容のプロの方に共通していると、今日も改めて実感。 吉木先生のお肌はとても白くて美しく、スタイルもとてもよかったです。ますます尊敬しました。

日焼け止めは、たっぷりと。 なじむまで時間をおいて。 パウダーと日傘、サングラス、 手袋で、念には念をいれて。
↑KohGenDoのUVケアミルクもおススメ☆
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket