上機嫌は、人が着ることのできる最上の衣裳である。

クリエイティビティupには、整理整頓

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

クリエイティブでオリジナリティのある人に憧れます。 お笑いだと、千原ジュニアさん。新刊「うたがいの神様」を読みました。 そしてクリエイティブな人に共通する資質、というか習慣みたいなものが分かりました。 20110926_千原ジュニア「うたがいの神様」

それは、頭の中をキレイに整理しておくこと。 ジュニアさんは、頭の中の引き出しに話をキレイに整理しているので、 話に応じてすぐに引き出しを開けることができるそうです。 それがあのフリートークでのテンポのよさと、笑える話につながっているのだと納得。 それから人に話すことで、話の贅肉の部分を削っていっているそうです。

頭の中の消しゴムを使って、いらない部分は消して、 おもんない話は忘れるようにして。 整理するってことは、捨てるってことですから。 捨てることができてようやく、整理を始めることができる。 出典:千原ジュニア「うたがいの神様」

以前読んだアートディレクターの佐藤可士和さんの「佐藤可士和の超整理術」でも、 新しいものを生み出すには、ます整理することだとおっしゃっていて、 なるほどーと思ったのを思い出しました。

20110926_英国スタイルの部屋

久しぶりに開いたこの本にも、次のようにありました。

すべてがちゃんと納めるべき場所に納められた場所にいると、 想像力がかき立てられるものです。 出典:「英国スタイルの部屋」

先日、最近デスク周りを整理してすっきりさせました。 少しは私のクリエイティビティ度アップしたかしらん。 最後まで読んで頂きまして、どうもありがとうございます

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket