自然のままに、でも放っておいてはいけません。ダンスや空手をなさい。食事は少しでも、たくさんでもいいけれど、すらりとした肉体を保つこと。

花粉皮膚炎へのナチュラルなアプローチ

最近花粉が原因で、花粉皮膚炎になる人が多くなっているそうです。
私も例年スギ花粉の時期には、花粉症の症状がでます。
鼻炎とくしゃみとに加えて、目の周りや頬の辺りが、赤くなってかゆくなったりします。
花粉皮膚炎について調べて、今から予防したいと思います。

  1. 花粉皮膚炎とは
  2. 花粉皮膚炎になりやすい人
  3. 花粉皮膚炎の予防と対策
  4. 花粉皮膚炎へのナチュラルなアプローチ

花粉症皮膚炎の予防と対策

花粉皮膚炎とは

花粉が皮膚について、赤みやかゆみなどの湿疹がでる症状。
吸い込んだ花粉によるものではなく、飛散した花粉が直接肌につくことでおこります。
皮膚が薄く、乾燥しやすい目の周りや頬に起こりやすいです。

花粉皮膚炎になりやすい人

花粉皮膚炎になりやすい人は、次のような人です。

  • 鼻炎などの花粉症の症状がある人
  • 20代以上の女性
  • 乾燥肌の人
  • アトピー性皮膚炎の人

花粉による鼻炎などの症状がない人でも、花粉皮膚炎になる人もいるそうですが、
花粉皮膚炎になる人は、他の花粉症の症状がある人が多いそうです。

花粉皮膚炎にかかる人は、男性に比べて圧倒的に女性に多いとのこと。
また乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人が、花粉皮膚炎にかかりやすいのは、
肌のバリア機能が、傷ついた状態になってしまっているから。
バリア機能は、肌を外部の刺激や有害物質から守る役目をしています。
その機能がうまく機能できていないので、花粉などの刺激から肌を守りきれず、
お肌が炎症を起こしやすくなっています。

花粉皮膚炎の予防と対策

花粉皮膚炎の予防・対策としては、

  • 花粉が肌に付かないようにする
    →外出する時はメイクをする
    →外出から帰ったら洗顔して花粉を落とす
  • 保湿をして、肌のバリア機能を保つ

皮膚やスキンケアについて調べれば調べるほど、皮膚の乾燥をさけて、保湿につとめること、
つまり肌のバリア機能を守ること・育てることがいかに大切かを実感します。
肌のバリア機能がちゃんとガードしてくれれば、花粉などの刺激を受けにくい、強い肌になります。

花粉皮膚炎へのナチュラルなアプローチ

できるだけ薬やケミカルなものに頼らない、花粉皮膚炎へのアプローチを考えてみました。

  • 泡洗顔をやめて、クレンジングのみにする。
  • 角質を育てるオイルを使う
  • カモミールの抗炎症作用・抗アレルギー作用を活用する

泡洗顔をやめて、クレンジングのみにする。

吉川千明_泡洗顔をやめるだけ!

私は最近、泡洗顔をやめています。
なぜ泡洗顔をやめているのかというと、
泡洗顔をすることで、お肌に必要なうるおい、つまり
皮膚のバリア機能まで奪ってしまいがちになるから。
私は乾燥しがちな肌なので、
泡洗顔をやめてからお肌のうるおいがアップし、
顔色も明るくなった気がします。
泡洗顔は花粉症の時期までやめてみて、
お肌の保湿・バリア機能を育てて、
炎症の起きにくい強いお肌を育てたいと思っています。

角質を育てるオイルを使う

ザ・セラム~クランベリーシードオイル

クランベリーシードオイルに含まれるαリノレン酸には、
皮膚のバリア機能で中心的な役割を果たす、
セラミドを生成する働きがあります。
私は、クランベリーシードで作られた
ザ・セラムを使い始めてから
肌が丈夫になってきた実感があります。
肌のバリア機能が育ってきているんだと思います。
今はもう手放せないアイテムになりました。

角質を”育てる”、オーガニック100%のオイル

トライアル3ml (約2週間分) 初回限定・送料無料 1,365円

カモミールの抗炎症作用・抗アレルギー作用を活用する

カモミールに含まれる、カマズレンやビサボロールという成分には、
消炎症作用と抗アレルギー作用があります。→カモミールの効能~カモミールジャーマン
カモミールティーと、カモミール風呂で花粉皮膚炎予防・対策をしようと思います。

»ニールズヤードレメディーズ【オーガニックジャーマンカモミールティ】