不幸なできごとや障害があったからこそ、私は強くなれたのです。

香りのちから

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

お彼岸を過ぎて、めっきりと秋めいてきました。 この時期は、稲を刈り取ったばかりの田んぼの近くを通ると、みずみずしくも芳醇な香りがあがってきます。 その香りが大好きで、愛犬と一緒に楽しんでいます。 秋は空気が乾燥して澄んでいるので、香りもことさら感じられるのでしょう。 今日は香りについてのことばを集めてみました。 20110928_cabotine

まずは、中原淳一さんの「女性を美しくする言葉」より

  • 美しいあなたに、 美しい香りが加えられたとき、 そのときこそ、 あなたがほんとうの花の姿に なれたときではないでしょうか。
  • もし彼とあなたとの間に、 テーブルひとつ距離があっても、 あなたの香りが相手まで届かなかったとしても、 あなたのつけた香水の香りが、 あなた自身を酔わせたとしたら、 彼との語らいのひとときを、 もっともっと楽しいものにするのではないでしょうか。
出典:中原淳一「女性を美しくする言葉」

山咲千里さんの新刊「華齢」には、次のようにあります。

20110928_山咲千里「華齢」
よい香りのする女性は、それだけで美しいもの。 メイクができないような時や、居心地の悪い所へ出掛ける前など、 香りを身に付けて外出すれば、 たちまち気持ちが切り替わるのが実感できます。 出典:山咲千里「華齢」

いい香りは、自分もまわりの人もいい気分にしてくれます。 また、香りで自分を表現することもできると思います。 まわりの人のことも考えつつ、その時々の自分にあった香り選びを楽しみたいです。 今日も最後まで読んで頂きまして、どうもありがとうございます

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket