友人でも両親でも、夫やボーイフレンド、子供でもいい。背中をゆっくりさすってもらいましょう。不思議と気持ちが落ち着き、外に向いていた意識が、自然と自分の内に向いてくるのがわかります。相手の愛情や思いが、自分に穏やかに流れてくるのがわかります。そんな子どもじみた、なんて思わずに、是非頼んでみてください。そして、相手にも同じことをやってあげましょう。

ミス・ユニバースをつくる4つの入浴法

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

今日が2012年最初のブログになります。今年もどうぞよろしくお願い致します
新年はやっぱり清々しくて、気持ちも新たに目標とかたててみたくなります。 でも、私は目標を立てても無理っぽい・・・、というか、最初から無理すぎる目標を立てて、 早めにムリです~と思って、やっぱり私はダメですね~・・・とか思っていることに気がつきました。 なので、日々気づいたときにちっちゃな決め事をして、 それを習慣にして積み上げていく路線でいくことにしました。 その一つが、ひたすらゆるくて楽チンな方法でやせられる、ダイエット効果の高い入浴法。 2012ミス・ユニバース・ジャパンを指導する、アスレチック・トレーナーの金塚陽一さんから学びました。 楽にやせる、入浴時の水分摂取の方法

実は厳しいトレーニングはしていません。 太らないメカニズムを知って生活するだけで、体は自然とやせていくんです
と語る、2012ミス・ユニバース・ジャパンを指導するアスレチック・トレーナーの金塚陽一さん。 こういう、ゆる~いスタンスが今のわたしの気分かも。 そんな彼が指南するダイエット効果の高い金塚式入浴法とは?

ダイエット効果の高い金塚式入浴法とは?

次の4つのステップです。(出典:女性セブン2012年1月5・12日号)
水は入浴前に飲む
入浴前にコップ1杯、入浴中は500mlのペットボトル1本、 入浴後もコップ1杯の水を飲むのが理想。常温か白湯が◎。
体温に近いぬるま湯に
37~39℃の体温に近いお湯のほうが発汗しやすい。 湯船には10~30分、トータルでも30分~1時間はいるとよい。
上がるときは冷水を
わき、股間、背中、ひざの裏部分が、 エネルギーを燃やす褐色脂肪細胞の多い箇所。 心臓に遠い部分から少しずつ冷水をかけて。
1時間以内に寝る
どんなにリラックスしても、入浴後2時間も3時間も起きていたらNG。 1時間以内にはベッドにはいるようにしよう。
今までやっていたのは、入浴後にお水を飲むことと4番目の1時間以内に眠ること。 全部はムリなので、私は、1番目の入浴前にコップ一杯のお水を飲むことだけを 小さな習慣として、続けていくことにしました。ゆるすぎ~?(IKKOさん風) 入浴中にペットボトル500mlは飲めなそうだし、お風呂のお湯は熱めなのが好き。 今は寒すぎて、冷水は浴びられないし。(春になったら、挑戦してみるー?)  今日も最後まで読んで頂きまして、どうもありがとうございます
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket